総合サイト集 NaviCube Dan David Prize Cypollo.COM Labike.ORG/ mbdcwa.COM お役立ちサイト集

2010年12月31日

無料レポートの配布

最新無料レポート

やっと完成しますたー!最新レポートは結構自信作です。
「日刊コンピを使って3連単で楽々10万馬券を獲る方法」

下記より申請していただけます。折り返し自動返信にてダウンロード
URLをお知らせいたします。
(他人のメルマガの協賛登録などはありませんのでどうぞご安心ください)

無料レポートですが85ページに渡ってしっかり書きました。
3連単で高額馬券を的中させる手法を具体的に教えます。
現在Ver1.3を配布中で、今後もヴァージョンアップして
最新版をお伝えしていきます。

ebook-download.gif
※ハンドルネームでも結構です。
beri.gif
ベリサインのSSL通信情報の暗号化
本レポート配布に使用しているアスメルのフォームは、ベリサインの
SSLサーバ証明書を使用してあなたの個人情報を保護しています。
無料フォームではこのような保護システムが入っていません。
どうぞ、安心してお申し込みください。

万馬券、10万馬券的中証明書コレクション 今何本目?


◆すぐ読める無料レポート その2

『無料サービスを利用して万馬券をとる方法とは?』

半年で万馬券を50本以上とった私が利用した「無料サービス」を
レポート形式でご紹介します。面倒なフォームを使わずにコチラ
からすぐにご覧いただけます。

◆2010年おすすめする「予想配信」◆
「競馬で負け続ける人を救う会 Premium」
1ヶ月【無料】でお試しが出来て、午後の8レースから12レースの
予想を配信しています。是非お試しください。
posted by おがヒロ at 01:51 | Comment(29) | TOP  PAGE

2010年05月26日

日本ダービーは馬券を買うな

さて、いよいよ競馬の祭典「日本ダービー」ですね。今週はダービー
ウィークといわれていて、まぁそんな名前がつくのもダービー
ぐらいでしょうね。

普段馬券を買わない人も「ダービーくらい買うかー」ってなノリで
スポーツ新聞の通りに買うサラリーマンが多いのがこの時期です。

ですが、最初にいいますが間違いなく「堅い決着」だと思いますので
ダービーは「見るだけ」にしたほうがいいと思います。

稼ぎたい向きは12Rの目黒記念のほうがいいでしょう。ただやはり
ダービーに参加したいという方は、1、2人気を買ってください。

当然「ヴィクトワールピサとペルーサ」です。
人気はかなり接近するでしょうが、皐月賞馬の貫禄で、おそらくヴィクト
ワールピサ
が1番人気でしょうね。

予想オッズ
ヴィクトワールピサ 2.5倍
ペルーサ      2.9倍


そして、3番人気は、ダノンシャンティヒルノダムールでしょうか。

ただ、NHKマイルCがあの驚異的なレコードですから、反動がでると
みる方が「普通」でしょう。ダノンシャンティは、反動はあっても
上積みはないと思います。ヘタをしたら惨敗もあるかもしれません。
だから私は軸にする予定はありません。

ヒルノダムール
は、すでに直接対決で、ヴィクトワールピサとペルーサ
負けていますから大一番で、両馬をまとめて負かすことは無理です。

さらに過去10年で重賞勝ちのない馬は連対すらしていないのですから
せいぜい連下までの評価でしょう。となるとやはりダービーで勝つのは、
ヴィクトワールピサかペルーサ」ということになります。かなり高い
確率でどちからが勝つでしょう。

ならば2強の単勝馬券で、両頭の単勝を均等買いで購入すれば必然と
的中することになります。

リターンは120〜130%前後です。悪くないですよね。

更に、穴党には申し訳けないですが、残念ながらこのレースはホントに
荒れないと思います。まあ3着には人気薄が入る可能性がありますが、
「馬連」は、3桁配当もあるでしょう。

ですので、今回のダービーは最強3歳決定戦として「見る」だけにして
その後の12R目黒記念で勝負してみましょう。JRAプレミアムレース
ですし、G2なのでそれなりに買う人も多いと思います。ハンデレース
なので荒れる要素もあります。

で、肝心なダービーですが、「2強」のうちどちらを軸にするかですが
それは又明日お伝えします。
posted by おがヒロ at 21:04 | Comment(3) | ダービー展望

2010年05月06日

NHKマイルカップ展望

先週の天皇賞は軸が完全に外れてダメでしたー。
ただ、仮に軸を押さえることができても3連系は
絶対に取れませんでしたね。なんせ16番人気の
メイショウドンタクが3着に入ってしまいましたからね。
「博多」出身の方はとれたみたいです(汗)全く
コーシローって空気読めないですよね。

さて、今週末は春の3歳マイル王決定戦のNHKマイルカップ
が行われます。

思えば昨年は、10番人気ジョーカプチーノが勝って波乱のレースと
なりましたよね。3連単ではなんと!200万超の馬券でした。
(ちなみに3年前はこのレースで900万馬券も飛び出しました)

今年はどうなりますか。やはり中心となるのは共同通信杯2着
毎日杯勝ちのダノンシャンティが1人気確定です。

メンバー的にあっさり勝つかも知れません。となると相手探しと
なりそうですが、松田調教師は「攻めすぎたらダービーにつながら
ないが、守りに入ってもG1は勝てない」といっているのが
気になりますね。

ちなみに「2強」のもう1頭がサンライズプリンスで、総合力
ならこの馬のほうが強いと思います。スローの決め手比べなら
ダノンシャンティ
といったところでしょう。

しかぁし、この2頭からいくのでは芸がなさすぎなので、そう
なると3番人気になると思われるエイシンアポロンからと
思いきや

実は、個人的にはリルダヴァルを本命軸にと思っています。
いいとこ4人気でしょうか。

前走の皐月賞は直線で窮屈になり、ゴール前脚を余して6着でした。
鋭い決め手があり、マイル戦適性が高いと思います。広い東京
コースに替わるのもいいのではないかと・・・

骨折休養明けを叩かれ3戦目でグングン調子を上げています。
ハードな調教で「攻めまくって」いますしね。

骨折前の一戦、野路菊ステークスで見せた上がり33秒2という
強烈な末脚が戻ってくれば勝ち負けになると思います。

来春に勇退を迎えるため、今年がクラシックラストイヤーとなる
池江調教師の管理馬だけに、是が非でもダービー出走を願って
いるでしょう。

是非ここを勝ってダービーに駒を進めて欲しいと願っています。

その他連下にはレトガルボも入れておきたいです。この2頭は
「ひょっとして」まであるかも知れません。

穴2頭には本レース穴目条件の「短距離好走とトライアル不振馬」に
該当するエーシンホワイティトシギャングスターを挙げておきます。
ただ、トシギャングスターは先週の熱発で厳しいでしょうね。
ま、その分オッズもかなりつきますので、個人的には買います。

詳しい予想は土曜の夜にお伝えします。

◎リルダヴァル     
○ダノンシャンティ   
▲サンライズプリンス  
△エイシンアポロン
△コスモセンサー   
△レト        
△ガルボ       
×トシギャングスター 
×エーシンホワイティ

posted by おがヒロ at 21:36 | Comment(0) | G1展望

2010年05月01日

悩んだ挙句天皇賞はこの馬で!

一言でいうと、古馬長距離路線のメンバーがあまりに
層が薄くなってきたなーという感想です。それだけに
ドリームジャーニー含め一線級が出ない今年の天皇賞
はどの馬にもチャンスがあるのではないかと思います。
(それだけにフルゲート18頭なのかもねー)

さて、とりあえず予想からご覧ください。

tennushou.JPG

1番人気のフォゲッタブルは調整遅れにより万全な体調では
ないことが色んなところから聞こえてきて、そうなるともし
負けた場合「やはり」ということになるので、買えないものです。

名牝エアグルーヴの仔ですし、狙いたいところでしたが
雑音と人気を天秤にかけてやはり単穴どまりにしました。

そこでマイネルキッツを軸にする予定でしたが、やはり不安要素
が大きすぎるのか、結局前売りでも3人気に甘んじてしまい
ました。本来軸になるハズでしょうが、この「不人気」な
理由としては、

1、不利な外枠
2、中間の蓄膿症による臨戦過程の変更
3.ホクトスルタン除外で引っ張る馬がいなくなり、予想されるスロー展開
  はこの馬に向かない

そんなところでしょう。というわけで、今回は思い切って
「馬券外」にしてみました。

スローの3200mなら距離適性は関係ないかも知れません。そこで本命は
御大エアシェイディ。前走の日経賞でマイネルキッツに0.1秒差はコース
取りの差で、力負けとはいえないかと。

8歳秋に大ブレイクしたカンパニーと同期のエアシェイディ9歳春に
花開いてもいいかも知れません(笑)前売9人気です。

ジャガーメイルの一発を狙ってみようかと思っていたのですが、意外
にも2人気となってしまったので、諦めました。確かにテン乗りも
不安ですしね。ただ、スローペースがみえているだけに、上がりの時計
を持っていますし、とりあえず対抗とします。

以下連下組
・高齢組からもう1頭のトウカイトリック
・勢い感じるジャミール
・菊花賞3着、阪神大賞典3着と長距離では安定した結果のナムラクレセント
・牝馬紅一点のメイショウベルーガ

穴はトーセンクラウンテイエムアンコールの2頭で。

尚、馬券ですがさすがに9人気の馬を3連単の頭だけとは
いかないので、1、2、3着のマルチ馬券で勝負します。

フォゲッタブルも馬券に絡まなかったら結構楽しい馬券に
なるかも知れません。

では又来週!
タグ:天皇賞春
posted by おがヒロ at 22:51 | Comment(0) | 天皇賞展望

2010年04月29日

天皇賞は本命から買うべきか?

今年の天皇賞・春はドリームジャーニーの回避などもあって大混戦です。

ならばフォゲッタブルマイネルキッツの「2強」から買うは面白味が
全くないので、ジャガーメイルの一発を狙ってみようかと・・・

昨年は1年を通して歯痒いレースが続いていましたが、2年続けての海外遠征で
馬が更にパワーアップして、前走の京都記念ではあわやブエナビスタを差し切る
勢いで1/2馬身差の2着に好走しました。どんぐりの背比べの今年のメンバーなら
勝負になると思います。

前走の阪神大賞典では、久々に加え初の重賞挑戦、それも3000mと過酷な条件
でしたが、勝ち馬とはクビ差の3着と能力の高さを見せつけました。

京都コースは滅法得意ですし、折り合いの不安もありません。更なる上昇が
期待できそうで、狙い目だと思います。

鞍上はオーストラリアのトップジョッキーのウィリアムズです。(よく知らない)
淀の舞台で、G1級の能力が「突然開花」することもあり得るかも・・・

9歳馬エアシェイディもここ2走の内容が良く老いてますます盛んです(笑)
3200mの距離は向くハズで、輸送をクリア出来れば好勝負できるかもです。

ただ、天皇賞では7歳以上の勝率は0%で、6歳でもわずか3%しかないこと
を考えると、さすがに頭はね・・・

ちなみに、4、5歳馬の勝率というと

4歳(6-4-2-35)   勝率12.8% 連対率21.3% 複勝率25.5%
5歳(3-4-7-30)   勝率 6.8% 連対率15.9% 複勝率31.8%

当然ここを軸にするのが王道でしょう。9歳馬がそうそう人気しないと
思うので、3着を期待してみます。

事実、日経賞は2着でしたが、後方から大外を回っていたことを考えると、
勝ったマイネルキッツと同等以上の評価を与える必要がありそうです。

昨年はGTでも上位争いを繰り広げていたように、このメンバーでも見劣る
ことはありません。

その昨年の勝ち馬マイネルキッツも当然外せません。天皇賞・春の勝利後は今一つ
の競馬が続きましたが、前走の日経賞で直線一気の差し切り勝ち!復調した今
なら当然押さえが必要でしょう。栗東滞在で直前輸送の心配はないのも
心強い限りです。

唯一のG1馬としての意地を見せて欲しいものです。ただ、外枠を引いた分
ややマイナスかも知れません。

問題は人気すると思われるフォゲッタブルです。もちろん今回のメンバーでは
実力では頭ひとつ抜けていると思うのですが、一週前追い切りが案外でした。

阪神大賞典は体調が整わず回避してしまい、やや間隔があいての参戦だけに
現段階ではちょっと軸にするには不安がありますが、どうでしょうか。
今週の追い切りを見る限り問題はないと思います。2枠3番といういい枠を
引きましたし、馬券にからむ可能性は高いでしょう。

高齢組からもう1頭のトウカイトリックですが、明け8歳ながらここへ来て
最盛期を迎えた感さえあります。去年の「出遅れ」のリベンジをして
欲しいものです。

あとは、勢いならこの馬、ジャミールでしょう。準オープンクラスを2戦で
卒業後、重賞初挑戦となった阪神大賞典でクビ差の2着と一線でやれるメドを
いきなり立てました。大物感もあります。

まぁ、逆にいうと今長距離路線はイマイチ層が薄いことの裏返しで、
ということは適性さえあれば条件戦上がりの馬でも通用するかも
知れないということです。

狙いの穴馬はナムラクレセント。最近は中距離を使われていますが、もともと
菊花賞3着、阪神大賞典3着と長距離では安定した結果を残してきています。

休み明けの前走は8着に敗れましたが、これは直線で前が詰まる不利があった
ため。それでも勝ち馬マイネルキッツに2馬身半なら決して悪くありません。

最後にもう1頭、牝馬紅一点のメイショウベルーガです。追い切りの動きも
良かったみたいですし、馬券に加えておきます。

ちなみに多少期待していたホクトスルタンはミッキーペトラが急遽出走
することになったため、除外となってしまいました。

最終予想は土曜深夜にお届けします。
タグ:天皇賞春
posted by おがヒロ at 22:12 | Comment(0) | 天皇賞展望

2010年04月18日

皐月賞はヴィクトワールピサは危ない

satsuki.JPG

前日オッズでやはりヴィクトワールピサが2.4倍で
1番人気で、目下ちょっと落ち着いて2.7倍です。

ローズキングダムは前走の負け方が良く無かったのと、
レース後橋口センセイが弱気な発言をしていたこともあって、
2番人気ながら5.5倍とややオッズに開きがでています。

大外に入ったアリゼオですが、道悪巧者といわれている
せいか、目下3番人気です。馬場状態もまだ重のまま
ですしね。

中山はBコースに変わってからまだ内枠が荒れていない
ため、やや内が有利になっているだけに大外は不利の
ような気がします。

今年のメンバーをみても、強力な逃げ馬が見当たらない
だけに、桜花賞のように前半は緩めの流れになると
思われます。いよいよ前残りの可能性が高いでしょう。

事実、皐月賞では前に行った馬がそのまま残ることが
少なくないので、3枠5番枠のローズキングダム
本命に指名したいと思います。

中山2戦2勝の実績を素直に評価したいところで、
差し馬は皐月賞では狙いを下げるのが妥当だと思います。
ヴィクトワールピサよりも、ローズキングダムの復活に
かけます。

ヴィクトワールピサを本命視しないのはもうひとつ理由
がありまして、乗り代わりになった鞍上にあります。

岩田Jはプレッシャーに弱く、クラシックレースで1番
人気のは結構きついのではないかと・・・

スプリングSを逃げ切ったアリゼオを対抗にするつもり
でしたが、枠順を鑑みてリルダヴァルにしました。

単穴は16ヒルノダムールです。現在6番人気ですが
頭まであるかも知れません。

穴候補としては内枠人気薄から選んでみました。
2ハンソデバンド、4ネオヴァンドーム、6ゲシュタルト
いずれも先行できますので、スロー展開になった時には
どれか1頭は確実に馬券にからむでしょう

人気薄といえば15ダイワファルコンの評価が低いです。
弥生賞3着からの出走ですが、現在10番人気で狙い目では
ないでしょうか。

あと、昨年のリーディングサイヤーのマンハッタンカフェ産駒が5頭いるので、どれかはきそうな気もします。

いずれにせよ結構難しいレースになりました。

(追記)
中山10Rでヴィクトワールピサ騎乗の岩田Jがレース直後に
落馬してしまいました。怪我はないみたいですが、やや心配です。

本命にしたローズキングダムは馬体重マイナス6キロです。うーむ
微妙です。対抗、単穴に指名したリルダヴァルとヒルノダムールも
それぞれマイナス10キロとこれまた微妙です。

なんか荒れそうだなー。パドックでよく見えたハンソデバンドと
ゲシュタルトから穴狙いでいってみます(汗)
タグ:皐月賞
posted by おがヒロ at 13:59 | Comment(0) | G1展望

2010年04月10日

桜花賞はやはりあの馬から

金曜前売りではやはりアパパネが1番人気で3.3倍でした。

oukasho.JPG

この馬がチューリップ賞で敗れてしまったことで、一転して混戦
模様となってしまいました。オッズもかなり割れています。

そのチューリップ賞9アパパネを差しきったのが1ショウリュウ
ムーン
で、2歳女王を外から差しきった内容をフロック視できま
せんし、追い切りも良かったみたいで押さえが必要です。

そして、2歳女王のアパパネですが休み明けで折り合いを欠いて
しまっただけで、今回も万全の体制で望めるみたいだけにここは
本命筆頭にします。

1番人気を本命にした以上、穴党としての抵抗をしなければならない
ので、対抗は8番人気の7タガノエリザベートとしました。

末一手の馬だけに早い展開の制約はあるものの、4角で一固まりに
なれば面白いと思います。阪神コース改修後、明らかに差し競馬の
傾向がうかがえます。追い込みではメンバー随一です
このオッズはおいしい限りだと思いますが・・・

単穴には10番人気11エーシンリターンズを指名します。
相手や距離に関係なく先行して、前半3Fより1秒以上速い上がりを
使っているレース巧者で、チューリップ賞3着ながら軽視されている
点もおいしいです。

なんといってもこのコース適性が高いキンカメ産駒で、明日は
もう少し人気するかも知れませんが、狙い目だと思います。

ちなみに、トライアルのフィリーズレビュー組からは、15サウンド
バリアー、16ラナンキュラス、10レディアルバローザ、5モトヒメ、
12ステラリード
など大挙して参戦するものの、この中から馬券に
からむ可能性はせいぜいラナンキュラスあたりでしょう。

ちなみに5番人気のオウケンサクラですが、もうさすがに「おつり」
は残っていないでしょうね。

チューリップ賞4着で桜花賞の優先出走権を獲れず、オークスに目標を
切り替えるのかと思いきや、強行軍でフラワーCに出走して勝って
しまいましたが、故障せずに走ってくればいいところでしょう。

権利を取るため西へ東へ使い詰めていただけに、馬券にからむ
可能性は低いと思います。

あとは、忘れちゃいけないのが、クイーンステークスを勝った3アプリ
コットフィズ
です。ゴール前で抑える余裕を見せながら2着に2馬身
差をつけていて、能力の違いを見せつけました。

ただし、やはり輸送の心配がありますし、阪神コースにも不安が
ありますので、ここはせいぜい3着どまりではないかと・・・

あと、シンメイフジはもう誰も覚えていないでしょうが阪神JFで
1番人気だったんですよ。それがすでにもう相手にされなくなった
今、当然オッズもおいしいでしょうし、「買い」は今かも知れません。

とにかく混戦なのは明らかで、「あっと」驚く結果になるかも知れませんね。
馬体重のチェックも必要ですし、最終は当日にならないと判断できないと
思います。
posted by おがヒロ at 21:30 | Comment(0) | G1展望

2010年04月01日

もうすぐクラシックですねー

みなさん、こんばんはー。先週の高松宮記念はキンシャサに
勝たれてしまいました。本命にしたサンカルロはあの位置
から最速の上がりをみせましたが、ちょっと足りません
でしたね。残念!

ところで、毎日杯の落馬事故で武豊ジョッキーの怪我の状態が
心配です。レースを見ていて、思わず大きな声がでてしまい
ました。ザタイキは短い命で気の毒でしたが、騎手って改めて
命がけの職業だというのを感じました。

それにしても、ここ数年武豊は不運が続いています。
(厄年なのだろうか?)

秋には復帰できるといいのですが、彼はこれまでも驚異的
回復力で復帰したことがありますので、秋のシーズン
には間に合って欲しいと思います。

さて、来週はいよいよ3歳クラッシックの「桜花賞」ですね。
早いものです。その前に今週は恒例のハンデキャップ重賞、
ダービー卿チャレンジTが開催されます。

ハンデ重賞らしく、7番人気が4連対(3勝)で、2ケタ
人気馬が3着以内に8回入っているように、「荒れる」重賞で
有名ですよね。特に最近4年間ではコンピ指数上位3位まで
の馬が、複勝圏内にさえ入っていません。逆に指数40台
の人気薄が5年連続入っています。

3連単が導入された2005年以降のすべての年で10万円以上の
高額配当
が出ており思わぬ伏兵の食い込みには、ぜひとも
注意したいところで、穴党の方は出番です。

注目馬はこれからですが、面白いのがファリダットです。
除外28番目で陣営もほとんど諦めていたところ、なんと
トップハンデ57.5キロに決まり出走できることになったのだ
そうです。

でもなんで重賞未勝利馬がトップハンデなんでしょ?
当然人気になるわけもないので、逆に面白いかも知れません。

ところで、大阪杯は1番人気の信頼度が高く堅い決着の多い
レースです。今年もドリームジャーニーという強力な中心馬が
存在していますので、穴党の出番は全くありません。

はっきりいって、ドリームジャーニー以外は別定G2とは思え
ないほど低調なメンバー構成となってしまいました。

ましてや、この馬にとって阪神2000mは得意な条件である
ことを考えると、想定されるオッズは1.5倍程度で、馬券
妙味は全くありません。

2着候補ですが、シェーンヴァルト、テイエムアンコール、
ベストメンバー、ヤマニンキングリー
あたりでしょうね。

穴目としてはホッコーパドゥシャ、ゴールデンダリア、サンライズベガ、
タスカータソルテ
といったあたりでしょう。

単系馬券でドリームジャーニーから流す以外に手はなさそうで
さりとて安い配当が見えている以上、馬券は買う予定なしです。

ところで、今週から、中山・阪神コース共Bコース変わりに
なります。今年は雨が多かったため、内がだいぶ荒れて先週は
そう伸びない馬場になっていたので、内側3mを保護する仮柵が
設置されるということは、ほぼ有利不利のない馬場になるので
覚えておきましょう。

ではまた週末!
タグ:桜花賞
posted by おがヒロ at 20:35 | Comment(0) | 週末の重賞予想

2010年03月27日

高松宮記念 買うのはこの馬だ

みなさん、こんばんはー。先週から各場ともに堅い
決着が続いていますので、明日あたりは「大荒れ」の日に
なるのではないかと思っています。穴党の皆さん、チャンスです(笑)

さて、高松宮記念ですが中京千二というだけで先行馬有利
みたいに言う人がいますが、実は結構差しも決まっています。

実際、今迄は内伸び馬場で行われることが多かったのですが
今回は馬場も結構荒れてきていると思います。

競馬は展開予想が狂うと予想結果も大きく違うものですが
ここを想定しないとそもそも予想というのは成り立たないものです。

という訳で、今回はハイペースなレースとなって、直線で大外
一気の差し、追込み馬が上位に食い込む
・・・という展開を
想定して予想してみました。

takamatsu.JPG

単勝30倍以下の馬こそ8頭と少なめですが、現時点で単勝
100倍以上の馬がいないことと、G1でフルゲートと荒れる
条件は揃っているので大穴になる可能性もありそうです

ただし、このレース過去10年で2ケタ人気の連対は1回のみと
「大荒れ」にはなりません。

そこで、追込み、差し馬の上位人気を中心に、3着目には多少
人気薄を絡めてみました。


ちなみに、余談ですが過去高松宮記念では社台RHが強く
今回も大挙5頭出しです。メンツにかけても今回勝ちにくる
と思いますので、「社台RHかつ追込み馬」というフィルター
で選んでみました。

その結果、本命は13番サンカルロにしました。対抗は
15番プレミアムボックスです。この2頭から追込み、差し馬
中心に3連単で勝負します。3着目には二桁人気が入るのを
期待して、多少点数は増やしてみました。

【3連単フォーメーション】(108通)
13、15→13、15、5、6、9、16、17
   →13、15、5、6、9、16、17、3、10、14、7

ではグッドラック!
タグ:高松宮記念
posted by おがヒロ at 23:56 | Comment(1) | 高松宮記念展望

2010年03月25日

高松宮記念 有力馬検証

さて、いよいよ春のG1シーズンの開幕を告げる、春の
スプリント王者決定戦の「高松宮記念」がやってきました。

ここから馬券を買うというサラリーマン諸君もいることと
思います。そこで、現段階での有力馬と穴馬を探ってみる
ことにします。

ちなみに、今週末を以って中京競馬場が改修工事に入ります。
距離も伸びるみたいですし、ゴール前に急坂を作るそうで
今迄のように「小回り」な競馬場から大きく変わりそうです。

そういうわけで、中京最後の開催となる今週末はここで
勝負をかける陣営も多いと思います。週末にはその中から
特に期待をしている馬をご紹介したいと思います。

では、高松宮記念の有力馬をご紹介します。
(世間で有力といわれているだけで、まだ買う馬は決めていません)

■キンシャサノキセキ(1人気確実)3連勝で1番人気になりそうなキンシャサノキセキは、オーシャンS
59キロの斤量を克服して勝利を収めましたたが、レース内容を冷静
に振り返ると極端に有利なインをついてのもので、確かに有力だと
思う一方、穴党としては素直に買えません。

■アルティマトゥーレ(2人気確実)去年の秋のスプリンターズステークスで断然1番人気に推されたよう
に、能力的にはG1級です。
シルクロードステークス及び去年のセントウルステークスの勝利は
後続を寄せ付けなかったように、勝利するときには無類の強さを発揮
します。

6歳牝馬と社台の規定でここが引退レースになりますが、これまで
あまり使い込んでいなかった事もあって、馬自体は6歳牝馬と思えない
ほどフレッシュな状態ですし、前走を凌ぐ勢いがあります。

一方で、京阪杯スプリンターズステークスのように、人気を裏切る
こともしばしばです。重賞を快勝した2戦ともに、スローペースを
先行する展開に恵まれている一方で、33秒台前半のハイペースに
なると、人気を裏切ってくれます。

中京千二ではススローペースになりにくく、ハイペースに巻き込まれて
人気を裏切る可能性もあるでしょう。

そういう訳で、穴党としては軸にしずらいかと・・・

■エーシンフォワード(3人気あたり?)
2月の阪急杯の勝ち馬。高松宮記念では阪急杯経由の馬がいい結果を
残す傾向があります。又、近5走で2勝含め複勝率100%と安定
してきました。今回もある程度人気するでしょうが、内枠を引いて
インを追走できるようであれば買いですが、外枠を引いて自分の競馬が
できないようであれば、押さえ程度でいいと思います。

■プレミアムボックス(4人気あたり?)
キンシャサノキセキに2戦続けて敗れていますが、外が伸びない馬場で
大外を回らされて0秒1差に追い込んだオーシャンステークスの内容
から、キンシャサノキセキとは大きな差ないと思います。
あまり人気しないと思われる今回はチャンス?

■ビービーガルダン(5人気あたり?)
去年の秋のスプリンターズステークスで2着に好走するなど、短距離
G1ならば上位の実力を持つことを示しました。今回はたたき2走目
かつ距離短縮で先行力が生かせるかも知れません。

ただ、昨年のこのレースで4番人気の支持を集めながら16着に敗れた
のを見てもわかるように、どうも左回りでは別馬のような走りになる
のが心配です。ただ、馬券にはからもそうな気がします。

とりあえず、軸はこのあたりだと思いますが、もう1頭あげると
したら、サンカルロでしょうか。阪神カップ及び阪急杯で、安定して
追い込んでいて、レース内容的には悪くないと思います。
早いペースで差し馬が有利になる展開が想定された場合、おさえて
おきたいと思います。

では、肝心な穴馬ですが、明日お伝えします。二桁人気からからみ
そうな馬が、結構います。
タグ:高松宮記念
posted by おがヒロ at 20:26 | Comment(0) | 高松宮記念展望

2010年03月17日

3歳クラシック戦線の主役は?

先週のフィリーズRは話題を集めたラブミーチャンでしたが、残念ながら
芝と中山のゴール前の坂の前に敗れ去ってしまいました。何とか
桜花賞に出させてあげたかったのですが、この先ヴィクトリアマイルを
狙ってくるみたいです。まだ諦めるのは早いので、地元のためにも
是非頑張って欲しいですね。

さて、早いものでクラシックトライアルもいよいよ終盤に差し掛かって
きました。今週は中山でスプリングステークスが行われます。このレースは
弥生賞と並びクラシックへの登竜門として数々の名馬が通ってきました。

本命は、ガチガチの1番人気間違いなしの昨年2歳王者ローズキングダム
です。華麗なるローズ一族の集大成とも言えるこの馬は、噂通りの活躍で
無敗のまま駒をここまで進めました。極端な馬場悪化が無ければ順当に
決まるでしょう。

弥生賞を勝ったヴィクトワールピサと皐月賞で「2強激突」となるで
しょうが、問題はローズキングダムが今回のスプリングSで勝ちにくるか
皐月賞のステップとして調整するかですが、いずれにしろ馬券を外す
ことはないと思います。ですが、そこまで絶対的な存在だという
確証もありません。

そこで、本命に近い対抗には「新星」を選んでみました。2戦2勝の
サンライズプリンスです。圧勝で勝ち上がったあとのレースの
評価も高く、ここでも好走する可能性があります。ある程度人気
するでしょうが、狙う価値はありそうです。

単穴としてはアリゼオでしょうか。前走は一番人気を背負って
いつもより早目に動いたところを差されましたがゴール前接戦に
持ち込むあたりは実力の一端を感じました。

連下としてはサンディエゴシチーが面白そうです。前走東京スポーツ杯で
敗れはしましたが、中間乗り込まれており重賞ウイナーとして復帰初戦から
結果を出す準備は万端です。

最後に穴としてはセントポーリア賞の勝ち方が鮮やかだったバシレウスに妙
味がありそうです。この距離では4連対と安おり状態の良さから上位争いに
食い込むかも知れません。

一方、牝馬クラシック戦線は更に混迷を極めてきました。今年に入って
昨年暮れの阪神ジュベナイルF組が負け続けているのです。

アパパネ、アニメイトバイオ、ベストクルーズ、ラナンキュラス、
ステラムード、タガノエリザベート、さらにはOP格のジュエルオブ
ナイル、モトヒメ、パリスドールなど、みんな3歳になって負けたり、
負け続けています。

勝ったの中でもコスモネモシン、エーシンリターンズ、ショウリュウ
ムーン、サウンドバリアーの4頭は、未勝利を勝っただけの1勝馬です。

アパパネ、アニメイトバイオ、ラナンキュラスあたりは、負けたと
いっても「休み明けのステップレース」で2着は確保しているから、
力負けしたというほどではありませんが、トップグループとされる馬が
3歳になってみんな負けているのも非常に珍しいです。

負けた相手が未勝利を勝ったばかりの伏兵中の伏兵という点でも特異
な状況といえるでしょうね。

ということは、早めに頭角を現したアパパネ以下のトップグループも、
直前の3月になって台頭した伏兵グループも、秘める能力にはほとんど
互角ということがいえるかも知れません。

そこで、今週の土曜のフラワーCです。桜花賞を目指す牝馬にとっては
最終ステップに近いレースにシンメイフジが登場します。

まぁある程度人気するのでしょうが、あまり中山1800m向きとは思えない
追込み一手の馬ですし、仕上がりが遅れたので3歳初戦がここになった
ことや、阪神JFの上位組がみんな負けていることを考え合わせると、
有力馬であってもどうも負けそうな気配がします。

そこで、狙い目はスプリングSの「新星候補」サンライズプリンス
と同じ、2戦2勝のサンテミリオンです。スプリングSでも人気になり
そうな牡馬バシレウスに勝っていて、実力はかなり高いレベルだと
思います。

サンテミリオンから、チューリップ賞で負けながらまだ桜花賞をあきら
めないベストクルーズ、オウケンサクラをマークしたいと思います。
posted by おがヒロ at 01:18 | Comment(0) | 競馬日記

2010年03月14日

チャンはチャンでも・・・

現在、フィリーズレビューの1番人気は14番のラブミー
チャン
と15番のラナンキュラス同じ4.2倍です。

ところが、これが複勝になるとラナンキュラス1.6倍
に対し、ラブミーチャンは2.2倍です。

これは何を指しているかというと、ラブミーチャンの
単勝馬券を応援馬券として買っているファンが多くその他の馬券を買っているファンが少ないということに
なります。

したがって、ラブミーチャンを応援している人は単勝
馬券より複勝馬券を買ったほうが圧倒的に有利に
なると思いますよ。(私は複勝に○万円入れました)

さて、ラブミーチャンは逃げ馬でしかもかなりの
脚の速さがあります。とうことは、この馬を追いかける
組は苦しくなるでしょうね。つまり脚をためる差し馬が
このレースの狙い
となります。

そういう意味で人気の一角テイラーバートンは切りました。

逆にニシノモレッタ、レディアルバローザあたりは
うまく回ってこれれば差しがききそうです。

ロジフェローズもインで脚を溜めればチャンスは
あると思います。

穴は気楽に乗れるステラリードモトヒメで大穴は、
アマファソン(単勝万馬券)です。

ちなみに、本命は「チャンはチャンでもハニーメロンチャン
(カレンチャン)だー」
という訳で、残り2頭の
「チャン」から狙ってみます。

ちなみに、中山メインの中山牝馬Sは難解も難解で全く
予想ができませんので、見るだけにしました。
posted by おがヒロ at 13:51 | Comment(0) | ラブミーチャン応援

2010年03月13日

まさかのラブミーチャン前売1番人気

中京記念は荒れると思いましたが、まさかの250万馬券とは・・・

このレースはどうでもいいと思って4番人気のシャドウゲイト
から3連複を流したのですが、タスカータソルテまでは押さえた
ものの、ホッコーパドゥシャまでは押さえきれず、3連複
58万馬券を逃してしまいました。

中山で行われたアネモネSではギンザボナンザとアニメイトバイオが
桜花賞への出走権を獲得しましたが、明日のフィリーズレビューで
どの馬がクラシックへの権利をもぎ取るのか注目です。

もちろん、個人的にはラブミーチャンになんとか3着以内に
入って欲しいと思っていますが、前売1番人気とは予想して
いませんでした。

まぁ、明日は落ち着いて3、4番人気になるでしょうが、リスク
覚悟で勝負しようと思っても1人気ではね(汗)

競馬新聞では印が薄いですし、専門家ならずとも「血統からして
芝は走らん」
と言い切っています。

確かに前売を勝っているのは「組織票」ではなく、普通に応援
している競馬ファンからのもので、そういう意味では純粋な
ファン票ということができます。

競馬ファンは笠松からでてきた牝馬が、閉塞した競馬会に
新風を巻き起こすことを期待しています。

競馬専門家VSしがない競馬ファン 確かに「方程式」は
ラブミーチャンに不利ですが、何でも割り切れることばかり
でもないと思います。あれだけの快速馬だけに何とか
芝でも結果を出して欲しいと思っています。

桜への挑戦権を獲得できるや否や??私はラブミーチャンの
複勝馬券で勝負します。(単馬券はやっぱラナンキュラスかな)

できれば大逃げのまま、他の馬に影を踏ませないままゴール
しちゃって欲しいです。

笠松競馬場に応援メールを入れたらご丁寧に写真を送ってくださった
のでご紹介しますね。

3-1loveme-kao-b.JPG
posted by おがヒロ at 21:01 | Comment(0) | ラブミーチャン応援

2010年03月10日

フィリーズレビューはラブミーチャンを応援します

今年のフィリーズRの注目馬は、ご存知「笠松のヒロイン
ラブミーチャンです。目下無傷の6連勝中の快速馬です。

昨年暮れに行われた全日本2歳優駿では、牡馬を蹴散らして
牝馬にしてレースレコードで勝ち、今年NARグランプリの
年度代表馬
に選出された程の実力馬です。芝コースでも勝って
しまう可能性はあると思います。

笠松といえば、僕ら世代で思い出に残っているのはなんと
いってもオグリキャップですよね。やはり地方馬が中央で
勝つ姿は、判官びいきの日本人の体質にマッチします。

オーナーはあのDr.コパ氏で、風水の力のご加護があるかも。

ただ、予想外に人気になってしまうと思われますが、馬券に
からむ可能性があると思います。応援馬券は買わせてもらいます。

ちなみに、愛嬌のあるこの名前ですが、笠松に転入したときに
改名したのだそうです。

「自分を好きになって、自信を持とう」

という気持ちが込められていたそうです。

笠松競馬のホームページをみましたが、当日の応援バスツアーを
1人7800円で募集していました。

「バスは先行逃げ切りではなく、安全運転で参ります」ですって(笑)

しかも、ラブミーチャン専用サイトや専用ブログなんかもありました。

笠松競馬をあげて、ラブミーチャンを応援する姿勢が感じられます。
地元の熱い期待を背負って走っているんですね。

是非「桜花賞」への挑戦権を獲得して欲しいと思います。
ただ、本命はやはりラナンキュラスあたりかなー。
posted by おがヒロ at 20:50 | Comment(0) | 最新競馬必勝法商材

2010年03月02日

弥生賞展望

早いもので、いよいよ春のクラシック戦線が始動します。
弥生賞」と聞くと、ホントにいよいよだと感じますよね。

で、ラジオNIKKEI杯2歳Sの勝ち馬ヴィクトワールピサ
断然の主役になりそうですが、今回は対抗までとします。(きっぱり

<理由>
1.今回はあくまでもトライアル。他の馬と違い本番に向けて
  何がなんでも勝たなければならないレースではない。

2.道悪レースをこなすかどうか未知数。


というのも、今週の船橋市の降水確率ですが、

3/4(木) 80%
3/5(金) 90%
3/6(土) 60%
3/7(日) 80%


降水量にもよりますが、今週も稍重」か「不良」馬場
避けられそうにありません。

そこで本命ですが、ひねりも何もありませんが朝日杯FS
2着馬のエイシンアポロンです。2番人気でしょう。

近3走の重賞に全て連対していて、しかも唯一負けた相手が
朝日杯FSの覇者のローズキングダムのみですからね。
高いレベルにあると思います。

何より、エイシンアポロンは稍重馬場を重賞含め2度経験していて
いずれも勝っていますので、この点からも安心だと思います。

ただ、現在のところ、弥生賞ではこの2頭を超える馬は見当たり
ませんね。3連単であれば2頭軸馬券でいけそうな気がします。

馬場が悪くなりそうなので、アドマイヤテンクウあたりが
からみそうですが、やはり2強は抜けていると思います。

あとは、そこにからんでくる候補ですが、

◆ダイワバーバリアン
朝日杯FSの3着馬です。距離延長で一発逆転を狙いたいところ
です。3度の重賞挑戦が今回活きてくるハズで、しぶとく上位に
食い込んできそうです。

◆ダイワアセット
掲示板を外していないが強みです。負けても1着から0.3秒差内
ですので、侮れない馬です。

◆トーセンアレス
芝初出走です。どこまでやれか注目しています。

◆コスモヘレノス
◆ミッションモード
◆クォークスター
★(超穴)ビッグバン

 北海道では道悪レースばかりでした・・・
 まぁ、間違いなくしんがり人気でしょうけどね。

とりあえず、今のところ以上10頭選んでみますた。
あとは追い切りをチェックしてから絞ります。

では又週末!
posted by おがヒロ at 19:41 | Comment(0) | 週末の重賞予想
[PR]THE SNIPER [PR]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。